漢方の平尾薬局ロゴ 漢方の平尾薬局 「めまい」のことなら平尾薬局へ 社団法人日本WHO協会 伝統漢方研究会
漢方相談
平尾薬局メールアドレス 平尾薬局メールアドレス
平尾薬局ホームページ
症例と解説
ショッピング
平尾薬局健康相談室
平尾薬局のご案内
サイトマップ


お気軽にご相談ください。ご予約はお電話(092-531-6484)で

子宝相談
「進歩した不妊治療」
「それなのに・・・なぜ?」
「私どもの考え」
「ご相談について」


平尾薬局では、漢方ひとすじの経験を生かし、無料で薬剤師が健康相談を承っております。 お気軽にご相談下さい。


詳しくはコチラ健康相談室
薬局内相談コーナー
ご相談フォーム
ご相談FAX など


喘息
び炎
皮膚病

にきび
シミ
肌荒れ

めまい
貧血
不妊症

肝炎
脂肪肝
胆石

血圧
糖尿病
不眠

頭痛
神経痛
関節痛




漢方の平尾薬局
〒810-0014
福岡市中央区平尾2-7-2
TEL:092-531-6484
FAX:092-531-7484

営業日:祝日を除く月曜〜土曜
営業時間:9:00〜19:00
女性薬剤師がご相談を承っております
 
不妊症の相談風景

 1.進歩した不妊治療  
  

最近の医療の飛躍的な発達で「不妊症」の治療はめざましい進歩をとげています。
以前であれば可能性はゼロと言われていたような症状でも妊娠が可能となっています。
更には遺伝的な病気へのアプローチも盛んに行われ夫々に成果を挙げています。

 2.それなのに・・・なぜ?  
  
ところが、実際に当薬局にご相談にお越しになる方の殆どが、病院で人工受精はもちろん、体外受精、顕微授精など先端医療を何回も受けても授かれずにお悩みになっておられます・・・「なぜでしょう?」

一方、インドなどアジアの発展途上国といわれている国は人口が増えすぎ、一昔前の中国の「一人っ子政策」に代表されるように、その人口増加に苦慮しています。
最先端の医療を施すことのできる日本で「赤ちゃん」を上手く授からず、お悩みのご夫婦が年々増えているのは・・・「なぜでしょう?」

 3.私どもの考え  
  
 私たちが漢方の相談をお受けしていて、最近特に気になることがあります。

 男性は精子の数や活動率が下がっているのです。 また、女性は予定日以前にご出産される方や「未熟児の出産」が非常に多いのです。予定日まで「赤ちゃん」をお腹に入れておける体力(?)が無いのです。

50代、60代の方にお聞きになると良いと思いますが、私たちの若い頃は、予定日を過ぎても中々産まれず、早く産気づくように「廊下の拭き掃除」や「階段の上り下り」をさせられていました。

  難しい話や理論は省いて、今の日本では中々子宝に恵まれないご夫婦が増えている事を考えると、これは、乱暴な言い方かもしれませんが「日本人の種(しゅ)としての一時的な退化」としては考えられませんか? 前述の国々では(失礼な言い方になるかも知れませんが)物質的にも栄養的にも決して豊かとはいえない状況にも拘らず「赤ちゃん」が出来すぎて問題になっています。

生き物は追い詰められると種(しゅ)としての生存本能を優先させます。一方、日本はどうでしょう? 物質的に豊かになり、栄養的にも“ゆとり(?)”があり・・・

 4.ご相談について  
  

 

 本来の身体を取り戻し、「健やかな赤ちゃん」を授かる為のご提案をさせていただいています。当薬局ではお一人お一人の体質や体調に合わせ、本来のお身体を取り戻し、その結果「健やかな赤ちゃん」を授かられる事を願ってご相談を承っております。

私どもでは次の5つの事を整えることで「健やかな赤ちゃん」を授かっていただく様、ご提案いたしております。

(1) 「冷え」の改善
   東洋医学的にも、不妊症の原因の最も大きな要因が「冷え」です。
「冷え」は色々な臓器の機能を低下させます。 現代の日本人の多くは外的要因
(エアコンや冷蔵庫などの普及)だけでなく、ライフスタイル、食の多様化により本来考えられないような低体温の方、血流不良の方が増えています。

 そのままでは、身体の隅々まで酸素や栄養を十分に届けることが出来ず、子宮や卵巣、精巣の働きも弱くなり受精しにくい、受精しても育ちにくいなどの影響が出てきますので、
 まず第一に「冷え」の改善をご提案いたします。
(2) 内臓を元気に
 
不妊症の治療と言うと女性では子宮や卵巣、男性では精嚢を注目しますが、他の臓器、特に胃腸が丈夫なのに卵巣だけ、子宮だけ、精嚢だけ弱いということが考えられるでしょうか?
  西洋医学では胃腸科、婦人科などと分かれていますが、一人の人間として子宮はその人のもの、胃腸は別の人のものなどということは考えられません。子宮や卵巣の働きが弱い方は他の臓器も同様なはずです。子宮、卵巣も他の臓器もその人自身のものです。生殖器だけ弱く他の臓器は頑強だという方は殆どおられません。逆に言えば、内臓が強くなれば、自ずと子宮、卵巣関係も強くなりより良い結果が出ます。
(3) ホルモンバランスを整える
  私たちの身体を健康に保っているのは自律神経とホルモンの作用によるものです。
そのホルモンの分泌のバランスを整えることで、元気で健康な精子や卵子を育てることが出来、「赤ちゃん」を授かる大きな力になります。
(4) ストレスの改善
   私たち女性の身体は“機械”ではありません。精子と卵子が出会えば即妊娠という単純なことではないのです。
  「ストレス」を軽減する事は(3)の「ホルモンバランス」と密接に関係する「赤ちゃん」を授かる重要な要素です。
 過度の「ストレス」は精神的には勿論、肉体的にも負担を強いるものなのです。

一昔前は、その宿に宿泊すると妊娠する「子宝温泉」や、そのアパートに越して(転居して)くると妊娠すると言う事が話題になったこともありました。 特別な場所ではなく、ご夫婦が共にリラックスできる環境がある為に、結果として妊娠する方が多かったのだと思います。
  この事からも「ストレス」を軽減する事はとても大切だと思います。
(5) 「いのち」を作る原料
 
 冒頭にお話し致しました様に、今の日本人の多くの問題に急激な食生活や食環境の変化が挙げられています。
古来より何千年と続いてきた日本人の伝統食が、この20〜30年で大きく変わってしまいました。更に近年話題になりました「環境ホルモン」も影響しています。これは私たちの世代も勿論ですが、次の世代、更にその次の世代と益々大きな影響を与えていくと言われています。その中で「新しい命」を授かり、更に育てていく事が大切になってきます。

単に「妊娠すればOK」ではなく、「元気な赤ちゃん」を授かり、さらに「心身共に健やかに生育する」手助けをさせていただくことが私たちの究極の目標です。

その為には、伝統的な日本食を基本にした食事の養生と共に食品添加物や残留農薬、環境ホルモンなどの有害物質を排出(解毒)することも疎(おろそ)かにはできません。

 薬局を正業として90年、私どもの一番誇れるものは「親子・孫の3代」のお付き合いをしていただけるお客様がいらっしゃる事です。自分の子供がアセモで困っていた時に使用してよかったからと自家製剤の軟膏を購入に来ていただける「おばあちゃん」、中々授からなかったお子さんが、今度結婚するからと血の道の漢方薬を購入にみえる「お母さん」みんな私どものお客様です。 

 もし、私どもにご縁があって「子宝相談」をお受けさせていただく方には、妊娠だけを目標にするのではなく、「健やかで元気な赤ちゃん」を授かり、更にそのお子さんが「心身共に健康に育っていく」様にお手伝いをさせていただける事を理想としてご相談をお受けさせて頂きます。

 尚、初回のご相談は60分程度のお時間がかかりますので、必ず予約(092-531-6484)をお願い致します。「赤ちゃんを授かる」事はご夫婦の協力が必要です。出来るだけご夫婦一緒にお越し下さい。 また、現在のお身体の状態及び今後の改善状況を確認する為に「基礎体温表」を一緒にお持ち下さい。
  費用は、お客様の体調や服用していただく漢方薬などによって異なりますが月に2万円から3万円位の方が多いです。 また、私どもの薬局に子宝相談でお越しになり、体調を整えられ妊娠される方は6ヶ月から1年位の期間の方が多いですので、この期間を目標になさると良いと思います。




お問合せ | 特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー

Copyright(C)2004平尾薬局 All right reserved.