漢方の平尾薬局ロゴ 漢方の平尾薬局 社団法人日本WHO協会 伝統漢方研究会
漢方相談
平尾薬局メールアドレス 平尾薬局メールアドレス
平尾薬局ホームページ
症例と解説
ショッピング
平尾薬局健康相談室
平尾薬局のご案内
サイトマップ

症例と解説
    前のページに戻る

漢方が効く「頭痛」
頭痛の分類(頭痛の型)
危険な頭痛
頭痛の薬物療
頭痛に用いられる漢方薬
漢方薬で治った頭痛の症例

月ごとのテーマ
4月のテーマ「便秘・宿便」
5月のテーマ
「尿もれ・尿失禁」
6月のテーマ
漢方が効く「眼の病気」
7月のテーマ
漢方が効く「お尻の病気」
10月のテーマ
漢方が効く「頭痛」
11月のテーマ
漢方が効く
 「変形性ひざ関節症」
 「慢性関節リウマチ」
 「痛風」
 「坐骨神経痛」

通年のテーマ
免疫ミルク
めまい
ファスティング・ダイエット

漢方の平尾薬局
〒810-0014
福岡市中央区平尾2-7-2
TEL:092-531-6484
FAX:092-531-7484

営業日:祝日を除く月曜〜土曜
営業時間:9:00〜19:00
漢方が効く「頭痛」
  (片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛)
 
  「頭痛」は日本人の4人に1人が悩んでいると言われていますが、恐らくはもっとたくさんの人が悩んでおられる病気かと思います。
 私たちは「頭痛」が起こると、てっとりばやく「痛み止め」に頼ってしまいます。
緊急の時や大事な仕事などを控えているときは仕方ないのかもしれませんが
  「ずーっとそれでいいのでしょうか?」
  「『痛み止め』を一生、飲み続けますか?」
「痛みは身体の注意信号」
 以前、打ち上げ中に爆発したアメリカの「スペースシャトル」、打ち上げに失敗した日本の「衛星」など人間が作ったものはトラブルが発生して、初めてそのシステムや機械の欠陥が分かりますが、私たち人間は完璧といえる位のすばらしい「生体の防御システム」を持っています。
その一つが「痛み」です。 「痛み」で身体のどこかの異常を知らせているのです。
「痛み止め」はそのすばらしいシステムを無効にするものなのです。
もし、「痛み」を感じなかったら・・・いつの間にか「足にクギが刺さって、出血多量で死んでいた・・・」なんて事にもなるかも知れません。
その危険を知らせる「痛み」をずーっと「痛み止め」で無視し続けますか?
「痛み止め」を使うという事は、例えば・・・火事が起きていて、その発生を知らせている「火災警報器」の電源を抜くようなものです。
火事発生をせっかく知らせているのに「警報器」の電源切ると、その時は静かになるかもしれませんが、火を消した訳ではありませんので、火は燃え続けています。
  また再び電源を入れると「警報器」が鳴り出します。 これと同じ事だと思われませんか? 「痛み」があるから「痛み止め」を服用する。「痛み」の元が改善されたわけではないので、その「痛み止め」の効力がなくなると また「痛み止め」・・・ずーっと 「生涯」この繰り返し。
「『痛み止め』を生涯、飲み続けますか?」
「ずーっと“それ”でいいのでしょうか?」

できるものなら漢方薬で改善してみませんか?

頭痛の分類(頭痛の型)
  一般に言われている「頭痛」というのは、大きく分けると・・・
1.片頭痛 2.緊張型頭痛 3.群発頭痛に分類されます。
危険な頭痛
   ほっておくと危険です。急いで専門医へ。
頭痛の薬物療
   現在使用されている薬剤、注意事項、副作用等についても詳しくご説明します。
頭痛に用いられる漢方薬
   頭痛に用いられる漢方薬をご紹介します。
 ご相談いただければ、あなたに合った処方をさせていただきます。
 漢方薬を熟知している私たち平尾薬局へおまかせください!
漢方薬で治った頭痛の症例
 

漢方で改善した方のほんの一例ですがご紹介します。
 

  頭痛の分類(頭痛の型)」へ進む

お問合せ | 特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー

Copyright(C)2004平尾薬局 All right reserved.