漢方の平尾薬局ロゴ 漢方の平尾薬局 社団法人日本WHO協会 伝統漢方研究会
漢方相談
平尾薬局メールアドレス 平尾薬局メールアドレス
平尾薬局ホームページ
症例と解説
ショッピング
平尾薬局健康相談室
平尾薬局のご案内
サイトマップ

症例と解説
    前のページに戻る

漢方が効く「頭痛」
頭痛の分類(頭痛の型)
危険な頭痛
頭痛の薬物療
頭痛に用いられる漢方薬
漢方薬で治った頭痛の症例

月ごとのテーマ
4月のテーマ「便秘・宿便」
5月のテーマ
「尿もれ・尿失禁」
6月のテーマ
漢方が効く「眼の病気」
7月のテーマ
漢方が効く「お尻の病気」
10月のテーマ
漢方が効く「頭痛」
11月のテーマ
漢方が効く
 「変形性ひざ関節症」
 「慢性関節リウマチ」
 「痛風」
 「坐骨神経痛」

通年のテーマ
免疫ミルク
めまい
ファスティング・ダイエット

漢方の平尾薬局
〒810-0014
福岡市中央区平尾2-7-2
TEL:092-531-6484
FAX:092-531-7484

営業日:祝日を除く月曜〜土曜
営業時間:9:00〜19:00
 頭痛の分類(頭痛の型)
一般に言われている「頭痛」というのは、大きく分けると・・・
1.片頭痛 2.緊張型頭痛 3.群発頭痛に分類されます。
1.片頭痛
前ぶれがあります
  「あくび」やイライラ感、視覚障害、感覚障害などが現れることがあります
特に「閃輝暗点(せんきあんてん)」と言われる視覚障害が多くみられます
(閃輝暗点:視野の中心が見えにくくなり、
脈打つ様な痛みが出ます
  脈打つ様に「ズキンスキン」「ドクドク」あるいは「ガンガン」と表現される様な痛みが出ます。
頭の片側が痛むことが多いです
  片側が痛むことが多いのですが、両側に痛みを感じることもあります
遺伝の影響もあります
  片頭痛を訴える方の多くが、その方の親も片頭痛を持っておられる方が多い様です
緊張がゆるんだ時などにおきます
  緊張がゆるんで、「ほっと」した時に起こりやすい頭痛で「週末頭痛」とよばれています
2.緊張型頭痛
肩こりを伴います
  「肩こり」や「首筋のこり」を伴い、人によっては「目の疲れ」「身体の疲労感」「フワフワする眩暈」を訴える方もおられます
疲れがたまる午後から痛みが強くなります
  「精神的なストレス」や「身体的なストレス」によって引き起こされる為、よりストレスの貯まる午後から痛みが強くなると訴えられる方が多くおられます
3.群発頭痛
年に1〜2回起こり、1日に1〜2回、1回1〜2時間、 約1カ月くらい頭痛が続きます
  睡眠中に起こる「激しい痛み」なので、いつ起こるのかという痛みに対する恐怖感が大きく、深刻です。
毎回頭の同じ側に激しい痛みがあり、鼻水や涙がでます
  片側の目の奥に起こる激しい痛みが特徴です。 血管が拡張して周囲に炎症を起こし、三叉神経を刺激して起こるのですが、目の奥の太い血管に炎症が起こるためにその周りにある神経も刺激され涙や鼻水が出ます。
男性に多くみられます
  男性に多く、20代から起こる慢性頭痛です。
前ぶれがある時もあります
   
漢方が効く「頭痛」にもどる つぎは「危険な頭痛」について

お問合せ | 特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー

Copyright(C)2004平尾薬局 All right reserved.