漢方の平尾薬局ロゴ 漢方の平尾薬局 社団法人日本WHO協会 伝統漢方研究会
漢方相談
平尾薬局メールアドレス 平尾薬局メールアドレス
平尾薬局ホームページ
症例と解説
ショッピング
平尾薬局健康相談室
平尾薬局のご案内
サイトマップ

症例と解説
    前のページに戻る

漢方が効く「眼の病気」
糖尿病性網膜症について
白内障について
緑内障について
飛蚊症について
症例について

月ごとのテーマ
4月のテーマ「便秘・宿便」
5月のテーマ
「尿もれ・尿失禁」
6月のテーマ
漢方が効く「眼の病気」
7月のテーマ
漢方が効く「お尻の病気」
10月のテーマ
漢方が効く「頭痛」
11月のテーマ
漢方が効く
 「変形性ひざ関節症」
 「慢性関節リウマチ」
 「痛風」
 「坐骨神経痛」

通年のテーマ
免疫ミルク
めまい
ファスティング・ダイエット

漢方の平尾薬局
〒810-0014
福岡市中央区平尾2-7-2
TEL:092-531-6484
FAX:092-531-7484

営業日:祝日を除く月曜〜土曜
営業時間:9:00〜19:00

 

  白内障について 〜漢方が効く「目の病気」〜
 「白内障」は眼の水晶体(カメラでいうレンズに相当するもの)が濁り、視界がぼんやりとかすんで、視力が衰える病気です。

 目がかすんだり、目の前がチラチラして、進行すると目の前に霧がかかった様にぼんやりとしか見えなくなります。
 初期の頃は暗いところは見やすいが、明るいところでは見にくいという症状がでることもあります。(一般に明るい場所では、瞳孔が小さくなり眼に入ってくる光の量を少なくしますが、「白内障」の方が、瞳孔が小さくなれば水晶体の濁りと重なる部分が大きくなり、「明るいところが見にくい」という状態になります。)
白内障の眼球
「白内障」は原因によって分類があります。
老人性白内障
   加齢によって水晶体が白く濁る白内障
 一種の老化で、一般に60歳代から症状が現れます。
 70歳代で80%以上、80歳代でほとんどの人が水晶体が濁るといわれています。

先天性白内障

   生まれつき水晶体が濁っている白内障
 母親が妊娠中に風疹に感染することなどが原因で、生まれつき白内障を患っていることがあります。
糖尿病性白内障
   糖尿による白内障
 「糖尿病の合併症」の一つとして発症するものです。
 「老人性白内障」は水晶体の端の方から濁りが出るのですが、「糖尿病性白内障」は網膜に近い後方や中の方に濁りが生じます。
ステロイド性白内障
   ステロイド剤の長期使用によりおこる白内障
放射線性白内障
   放射線被爆による白内障
外傷性白内障
   ケガによる白内障
※ 老人性白内障、糖尿病性白内障が漢方薬の適用になります。
※ご相談いただければ、あなたの症状に合った処方をさせていただきます。
 一日も早く改善するようにお手伝いさせていただきます。 お気軽に平尾薬局までご相談ください。
糖尿病性網膜症について」 にもどる つぎは「緑内障について」

お問合せ | 特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー

Copyright(C)2004平尾薬局 All right reserved.