漢方の平尾薬局ロゴ 漢方の平尾薬局 社団法人日本WHO協会 伝統漢方研究会
漢方相談
平尾薬局メールアドレス 平尾薬局メールアドレス
平尾薬局ホームページ
症例と解説
ショッピング
平尾薬局健康相談室
平尾薬局のご案内
サイトマップ

症例と解説
    前のページに戻る

漢方が効く「眼の病気」
糖尿病性網膜症について
白内障について
緑内障について
飛蚊症について
症例について

月ごとのテーマ
4月のテーマ「便秘・宿便」
5月のテーマ
「尿もれ・尿失禁」
6月のテーマ
漢方が効く「眼の病気」
7月のテーマ
漢方が効く「お尻の病気」
10月のテーマ
漢方が効く「頭痛」
11月のテーマ
漢方が効く
 「変形性ひざ関節症」
 「慢性関節リウマチ」
 「痛風」
 「坐骨神経痛」

通年のテーマ
免疫ミルク
めまい
ファスティング・ダイエット

漢方の平尾薬局
〒810-0014
福岡市中央区平尾2-7-2
TEL:092-531-6484
FAX:092-531-7484

営業日:祝日を除く月曜〜土曜
営業時間:9:00〜19:00

 

  飛蚊症(ひぶんしょう)について 〜漢方が効く「目の病気」〜

 明るい所や白い壁、空などを見つめた時に、目の前に糸くずや虫、ゴミの様なものが飛んでいるように見える症状です。
 視線を動かしても一緒に移動してる様に見え、まばたきしても消えませんが、暗いものを見たりするときは気になりません。

 眼球の中は硝子体(しょうしたい)というゼリー状の透明な物質がつまっているのですが、外から入ってくる光は、角膜や水晶体、そしてこの硝子体を通って網膜に影を映すのですが、この硝子体に「濁り」が生じると、その「濁り」の影が網膜に映り、眼球の動きと共に動き、「虫」や「糸くず」などが飛んでいる様に見えるのです。

 この「濁り」には、生理的な原因(老化など)によるものと病的な原因によるものがあります。 

飛蚊症-眼球の水平断面図
 私たちはお母さんのお腹にいるうちに体ができていきます。
この時眼球が形成される段階では硝子体には血管がありますが、胎児の眼球が出来上がるとこの血管がなくなっていくのですが、この血管の「名残り」が硝子体に残っていると、これが「濁り」として飛蚊症の症状を起こします。
 また、加齢によって硝子体はゼリー状から液状に変わり、収縮して網膜からはがれます〈硝子体剥離〉。
 若い人でも近視が強い場合は、この網膜剥離が早期に起こることがあります。
 このタイプの飛蚊症は治療の必要はなく、特には問題はないと言われています。

 中年期以降になって、急に片目に飛蚊症が起こった時や飛蚊症の急な症状の変化は目の病気を知らせるシグナルですので、専門医にご相談ください。
 
「緑内障について」 にもどる つぎは「症例について」

お問合せ | 特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー

Copyright(C)2004平尾薬局 All right reserved.