漢方の平尾薬局ロゴ 漢方の平尾薬局 社団法人日本WHO協会 伝統漢方研究会
漢方相談
平尾薬局メールアドレス 平尾薬局メールアドレス
平尾薬局ホームページ
症例と解説
ショッピング
平尾薬局健康相談室
平尾薬局のご案内
サイトマップ

症例と解説
    前のページに戻る

漢方が効く「眼の病気」
糖尿病性網膜症について
白内障について
緑内障について
飛蚊症について
症例について

月ごとのテーマ
4月のテーマ「便秘・宿便」
5月のテーマ
「尿もれ・尿失禁」
6月のテーマ
漢方が効く「眼の病気」
7月のテーマ
漢方が効く「お尻の病気」
10月のテーマ
漢方が効く「頭痛」
11月のテーマ
漢方が効く
 「変形性ひざ関節症」
 「慢性関節リウマチ」
 「痛風」
 「坐骨神経痛」

通年のテーマ
免疫ミルク
めまい
ファスティング・ダイエット

漢方の平尾薬局
〒810-0014
福岡市中央区平尾2-7-2
TEL:092-531-6484
FAX:092-531-7484

営業日:祝日を除く月曜〜土曜
営業時間:9:00〜19:00

 

  緑内障について 〜漢方が効く「目の病気」〜
 眼圧の上昇などで視神経がおかされ、視野の欠損、視力の低下を起こす病気です。
 放置すれば失明にもいたります。
 日本人の失明原因の第3位
にあげられています。

 最近の調査では40歳以上の方の約5.8%が緑内障にかかっていて、その約80%の方が治療を受けずにそのまま放置しているとされています。
 眼圧が正常範囲であっても、緑内障になる場合もあります。(正常眼圧緑内障:日本では非常に増えています。)

 進行するまで自覚症状が出にくい病気ですが、眼科医の検診を受け、早期に発見することが大事です。
緑内障・初期 緑内障・中期 緑内障・末期
「緑内障」の種類
開放隅角緑内障
   「隅角」の広さは正常ですが、房水の出口が詰まって、房水の排出が妨げられる為に眼圧が上昇しておこる「緑内障」で、最も多くみられます。初期は自覚症状があまりありませんが、長い年月をかけて進行し、時間の経過と共に進行が早まり、放置すれば失明の危険が高くなります。
閉塞隅角緑内障
   「隅角」の狭い方に起こりやすく、この房水の通路である「隅角」が閉塞して、房水の流れが悪くなり眼圧が上昇する「緑内障」です。症状から急性と慢性に分けられます。
その他
   「白内障」の進行やケガなどによっておこる「緑内障」です。
 

※ご相談いただければ、あなたの症状に合った処方をさせていただきます。
 一日も早く改善するようにお手伝いさせていただきます。 お気軽に平尾薬局までご相談ください。
緑内障・房水の流れ
「白内障について」 にもどる つぎは「飛蚊症について」

お問合せ | 特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー

Copyright(C)2004平尾薬局 All right reserved.