漢方の平尾薬局ロゴ 漢方の平尾薬局 社団法人日本WHO協会 伝統漢方研究会
漢方相談
平尾薬局メールアドレス 平尾薬局メールアドレス
平尾薬局ホームページ
症例と解説
ショッピング
平尾薬局健康相談室
平尾薬局のご案内
サイトマップ

症例と解説
    前のページに戻る

漢方が効く「眼の病気」
糖尿病性網膜症について
白内障について
緑内障について
飛蚊症について
症例について

月ごとのテーマ
4月のテーマ「便秘・宿便」
5月のテーマ
「尿もれ・尿失禁」
6月のテーマ
漢方が効く「眼の病気」
7月のテーマ
漢方が効く「お尻の病気」
10月のテーマ
漢方が効く「頭痛」
11月のテーマ
漢方が効く
 「変形性ひざ関節症」
 「慢性関節リウマチ」
 「痛風」
 「坐骨神経痛」

通年のテーマ
免疫ミルク
めまい
ファスティング・ダイエット

漢方の平尾薬局
〒810-0014
福岡市中央区平尾2-7-2
TEL:092-531-6484
FAX:092-531-7484

営業日:祝日を除く月曜〜土曜
営業時間:9:00〜19:00

 

  糖尿病網膜症について 〜漢方が効く「目の病気」〜
 「糖尿病性網膜症」は「腎症」「神経障害」と並んで「糖尿病」の三大合併症の一つです。
 「糖尿病」はここ数年、特に増加しており、今では40歳以上の10人に1人が糖尿病にかかっていると言われています。「糖尿病」の増加に伴い、この「糖尿病性網膜症」も増え続けています。
 
「糖尿病」になってから およそ5〜10年で発症するといわれています。
糖尿病の合併症の出現
糖尿病による眼の合併症
 「糖尿病」で血液中の糖分が多い状態が続くと、全身の神経や細い血管に障害が起こります。
 高血糖の状態が続くと、眼の網膜の毛細血管が詰まったりコブが出来て、血液の流れが悪くなります。この状態が続くと更に血管が脆くなり破れやすくなります。この結果、血管の異常増殖や出血が起こり、網膜に障害が起こります。
 初めのうちは自覚症状が少ないため、気付かない間に病気が進行して、ある日突然に「眼底の出血」や「網膜はく離」を起こして失明の危険にさらされる場合があります。

 進行の程度により3段階に分類されます。
単純型網膜症 
  初期の網膜症で網膜の毛細血管に小さなコブやシミの様な出血がみられます。
白いシミ(白斑)ができます。
前増殖型網膜症
  単純型網膜症が進行した状態で、白斑の数が増え 毛細血管がふさがれてしまいます。
増殖型網膜症 
  更に網膜症が進行した状態で、網膜の毛細血管が塞がれ、網膜に届けられる酸素が不足するため、この酸素不足を補うために新生血管が出来ます。 この新生血管は脆くて出血を起こしやすく、網膜はく離を起こしたり、失明に至る場合もあります。

※ご相談いただければ、あなたの症状に合った処方をさせていただきます。
 一日も早く改善するようにお手伝いさせていただきます。 お気軽に平尾薬局までご相談ください。
「漢方が効く眼の病気」 にもどる つぎは「白内障について」

お問合せ | 特定商取引法の表記 | プライバシーポリシー

Copyright(C)2004平尾薬局 All right reserved.